UNCOOL PANDA CLUB

『変なトコロがいいトコロ』をコンセプトに、人とちょっと違うコトのおもしろさを広めるべく活動しているUNCOOL PANDA CLUB(アンクールパンダクラブ)、通称“アンパク”。
グループ名の由来は、”変な人も、普通の人も、みんながカッコつけずに楽しめる居場所になりたい”という想いから来ている。

2021年5月4日に新宿LOFTでのプレデビューライブを成功に収め、2021年5月23日に渋谷CLUB QUATROにて正式にデビュー。
メンバーは、青色担当・水瀬真宵、緑色担当・霧星なゆか、ピンク担当・月森みみぃの3人の、全員アイドル未経験者で構成されている。

コンセプトに加え、活動のテーマとしては『リアルだから推いたくなるアイドル』を掲げる。週一回の生配信でグループのことをメンバー自身が考え、話し合い、翌週以降の活動で実践していく、“アンパクの未来”がわかる「アンパク定例会」。
それらの活動を追体験し、“アンパクの過去”が楽しめる「アンパク動画保管庫」。
様々なことを仕掛け、アイドルとして成長していく彼女らを推って楽しいグループを目指している。

デビューライブにて、「ROAD to 1st Anniversary」と題し、21-22年に達成する3つの公約を示した。
①定期公演“コミッション”を毎月実施する。
②2022年5月に、800名規模のライブ会場の、1周年ライブのチケットをsold outさせる。
③ワンマンライブに、10曲のアンパククオリティの楽曲を携えて臨む。

カッコ悪いと諭されても、夢は諦めたくない。
ゼロから始めたアイドルが夢を叶えていく感動を、UNCOOL PANDA CLUBと一緒に味わいませんか?